古語:

吹き立つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふき-た・つ 【吹き立つ】

[一]自動詞タ行四段活用

活用{た/ち/つ/つ/て/て}


(風が)吹き始める。


出典伊勢物語 九六


「少し秋風のふきたちなむ時、必ず逢(あ)はむ」


[訳] 少し秋風が吹き始めるときに、必ず会いましょう。


[二]他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


吹いて高く上げる。


出典方丈記 


「塵(ちり)を煙のごとくふきたてたれば」


[訳] ちりを煙のように吹いて高く上げたので。


(笛などを)盛んに吹き鳴らす。


出典枕草子 笛は


「ものの後ろに横笛をいみじうふきたてたる」


[訳] (楽人が)物陰で横笛を上手に吹き鳴らしているのを。








吹き立つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

吹き立つのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




吹き立つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS