古語:

善くすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よく-・す 【善くす・能くす】

他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


十分にする。そつなくする。


出典万葉集 五六七


「手向(たむ)けよくせよ荒しその道」


[訳] (磐国山(いわくにやま)を越えようとする日には)峠(とうげ)の神への供え物を十分にしなさい。険しいですよ、その道は。


上手にやる。巧みに演じる。


出典徒然草 一五〇


「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ」


[訳] (芸を)上手にやれないうちは、なまじっか人には知られまい。









善くすのページへのリンク
「善くす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

善くすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




善くすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS