古語:

善知識の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぜん-ちしき 【善知識】

[一]名詞

善道に導く友人。親友。


出典今昔物語集 三・一九


「願はくは、世々にこの人とぜんちしきと成らむ」


[訳] なにとぞ(未来の)世々にわたってこの人と親友となりたい。


人を仏道に導き入れる機縁となることや人。また、転じて、高徳の僧。


出典今昔物語集 三・二〇


「死ぬる時にぜんちしきに値(あ)ひて仏を念じ奉れる者ぞ」


[訳] 死ぬときにりっぱな導師にめぐり会い、仏を念じ奉った者であるよ。◇仏教語。


[二]名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

仏道に導き入れること。


出典源平盛衰記 三九


「『肝要かくのごとし』とぞぜんちしきせられたりける」


[訳] 「(念仏の行が)最も大切であることは、このとおりである」と仏道にお導き入れなさった。


参考

古くは「ぜんぢしき」とも。









善知識のページへのリンク
「善知識」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

善知識のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




善知識のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS