古語:

報謝の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほう-しゃ 【報謝】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

恩に報いて感謝の意を表すこと。


出典古今著聞集 三六


「深く件(くだん)の恩を知りて、よろしくほうしゃすべし」


[訳] 深く、今言ったような恩を感じて、(それに)ふさわしく恩に報いて感謝の意を表すべきだ。


神仏から受けた恩に報いるために慈善を施すこと。また、僧や巡礼に布施をすること。


出典堀川波鼓 浄瑠・近松


「この金子(きんす)をほうしゃする」


[訳] この金銭を(僧のあなたへの)布施にする。◆「ほうじゃ」とも。








報謝のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

報謝のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




報謝のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS