古語:

大凡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おおよそ 【大凡・凡そ】

⇒おほよそ



おほ-よそ 【大凡・凡そ】

[一]名詞

普通。ひととおり。一般的であること。


出典源氏物語 御法


「さしもあるまじきおほよその人さへ」


[訳] それほど縁もあるはずがない一般の人まで。


[二]副詞

だいたい。およそ。あらまし。


出典大鏡 道長上


「おほよそかの寺より始まりて、年に二三度、会(ゑ)を行はる」


[訳] だいたいあの寺から始まって、年に二、三度は法会が行われる。


まったく。▽強調の語として用いる。


出典今昔物語集 三・一


「おほよそこの功徳はかりなし」


[訳] まったくこのご利益(りやく)ははかり知れない。








大凡のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

大凡のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




大凡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS