古語:

大国主命の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

大国主命

⇒大国主命(おほくにぬしのみこと)



大国主命

分類人名


記紀神話の神で、出雲国(いずものくに)の主神。出雲大社の祭神。「大穴牟遅神(おおなむちのかみ)」など多くの別名をもつ。兄弟神の迫害を逃れて根(ね)の国(=死者の国)に行き、須勢理毘売命(すせりひめのみこと)を妻とする。少彦名神(すくなひこなのかみ)と協力して国造りをするが、高天原(たかまのはら)の命に従い瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に国譲りをする。「因幡(いなば)の白うさぎ」の話でも知られる。









大国主命のページへのリンク
「大国主命」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

大国主命のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




大国主命のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS