古語:

奇しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

く・し 【奇し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


「くすし


」に同じ。


出典続日本紀 天平神護一


「天地(あめつち)の明らけきくしき徴(しるし)」


[訳] 天地のけがれのない神秘的なきざし。



くす・し 【奇し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


神秘的だ。不思議だ。霊妙な力がある。


出典万葉集 三八八


「わたつみはくすしきものか」


[訳] 海の神は霊妙な力があるものだなあ。


固苦しい。窮屈だ。不自然でそぐわない感じだ。


出典枕草子 鳥は


「口惜しくくすしき心地する」


[訳] 残念で、そぐわない感じがする。


参考

「くすし」と「あやし」「けし」の違い 類義語「あやし」はふつうと違って理解しがたいもの、「けし」はいつもと違って好ましくないものにいうことが多いのに対して、「くすし」は神秘的なものにいう。









奇しのページへのリンク
「奇し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

奇しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




奇しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS