古語:

女の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

め 【女】

名詞

女(おんな)。女性。


出典万葉集 一七五三


「男(を)の神も許し賜(たま)ひめの神も幸(ちは)ひ給(たま)ひて」


[訳] 男の神もお許しになり、女の神もお恵みになって。


妻(つま)。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「めの嫗(おうな)にあづけて養はす」


[訳] 妻である老女にあずけて育てさせる。◇「妻」とも書く。


(主に、動物の)めす。◇「牝」「雌」とも書く。[反対語]男(を)。



をむな 【女】

名詞

「をんな」に同じ。



おんな 【女】

⇒をんな



おうな 【女】

⇒をうな



をうな 【女】

名詞

おんな。女性。


出典古今集 仮名序


「強からぬはをうなの歌なればなるべし」


[訳] (小野小町(おののこまち)の歌が)強くないのは女性の歌であるからであろう。◆「をみな」のウ音便。


参考

似ている語に「おうな(=老女)」がある。



おみな 【女】

⇒をみな



をんな 【女】

名詞

女。成人した女性。


出典徒然草 八


「久米(くめ)の仙人の、物洗ふをんなの脛(はぎ)の白きを見て」


[訳] 久米の仙人が、物を洗う女のすねの白いのを見て。


妻。恋人である女。


出典源氏物語 夕顔


「男は田舎にまかりて、をんななむ若く事好みて」


[訳] 夫は田舎に赴き、(都に残った)妻は若くて風流事を好んで。


参考

「をみな」の「み」が撥音(はつおん)化したもの。「をうな」「をむな」とも。中古以降の語。のように、物語で「をとこ」と対(つい)で用いられるときには、男と愛情関係を持つ女をさすことが多い。


注意

「おんな(=老女)」とまちがえないこと。



をみな 【女】

名詞

若く美しい女性。女。


出典万葉集 四三一七


「秋野には今こそ行かめもののふの男(をとこ)をみなの花にほひ見に」


[訳] 秋の野に今こそ行こう。宮仕えの男性や女性が花に美しく映えるのを見に。









女のページへのリンク
「女」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

女のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




女のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS