古語:

女君の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

め-ぎみ 【女君】

名詞

「をんなぎみ」に同じ。



をんな-ぎみ 【女君】

名詞

姫君。「めぎみ」とも。▽貴族の娘の尊敬語。


出典蜻蛉日記 下


「源宰相兼忠(かねただ)とか聞こえし人の御娘の腹にこそ、をんなぎみいとうつくしげにてものし給(たま)ふなれ」


[訳] 源宰相兼忠とか申し上げた人のご息女のお子さまに、姫君がたいそうかわいらしいようすでいらっしゃるとかいう(ことです)。


貴人の妻の尊敬語。


出典落窪物語 二


「男君もをんなぎみも御心のどやかによくおはすれば」


[訳] 男君(=少将)も女君(=落窪(おちくぼ)の姫)もお気持ちが穏やかでりっぱでいらっしゃるので。[反対語]男君(をとこぎみ)。









女君のページへのリンク
「女君」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

女君のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




女君のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS