古語:

如の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こと 【如】

副詞

〔下に仮定の表現を伴って〕同じく(…するならば)。どうせ(…するならば)。


出典万葉集 二三一七


「こと降らば袖(そで)さへぬれて通るべく」


[訳] どうせ降るならば袖までもぬれて通るほどに。



ごと 【如】

…のように。…のよう。▽連用形「ごとく」と同じ用法。


出典伊勢物語 八五


「雪、こぼすがごと降りて」


[訳] 雪が(器から水を)あふれさせるように盛んに降って。


…のようだ。▽終止形「ごとし」と同じ用法。


出典万葉集 三三五八


「恋ふらくは富士の高嶺(たかね)の鳴沢(なるさは)のごと」


[訳] 恋いこがれていることは、富士の山の鳴沢の(岩の音の)ようだ。


参考

(1)活用語の連体形や、助詞「の」「が」に付く。(2)上代から中古末ごろまで和文系の文章に用いられた。⇒ごとし



もころ 【如・若】

名詞

〔連体修飾語を受けて〕…のごとく。…のように。▽よく似た状態であることを表す。


出典万葉集 一九六


「わご大王(おほきみ)の立たせば玉藻のもころ」


[訳] わが皇女はお立ちになると玉藻のように。









如のページへのリンク
「如」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

如のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




如のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS