古語:

如何にも如何にもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 如何にも如何にもの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いかに-も-いかに-も 【如何にも如何にも】

分類連語


ぜひとも。なんとしても。


出典更級日記 夫の死


「をさなき人々を、いかにもいかにも、わがあらむ世に見おくこともがなと」


[訳] 幼い子供たち(の行く末)を、なんとしても、私の生きているうちにとりはからっておくことができたらなあと。


いずれにしても。


出典源氏物語 東屋


「いかにもいかにも、二心(ふたごころ)なからむ人のみこそ、めやすく頼もしきことにはあらめ」


[訳] いずれにしても浮気心がないような人だけが、見苦しくなく、頼りにできるであろう。


なるほど。そのとおり。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「忠兵衛、はつと思ひ、いかにもいかにも、大坂でもその取沙汰(とりざた)」


[訳] 忠兵衛は、はっと思い、そのとおり、大坂でもその評判(が立っている)。◆「いかにも」を重ねて強調した語。








如何にも如何にものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

如何にも如何にものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




如何にも如何にものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS