古語:

如何様の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いか-さま 【如何様】

[一]副詞

きっと。確かに。


出典平家物語 一・祇王


「いかさまこれは祇といふ文字を名について、かくはめでたきやらん」


[訳] きっとこれは「祇」という文字を名前につけているので、このようにすばらしい運なのだろうか。


ぜひとも。


出典羽衣 謡曲


「いかさま取りて帰り、古き人にも見せ、家の宝となさばや」


[訳] ぜひとも(羽衣を)取って帰り、古老にも見せ、家宝としたい。◆形容動詞「いかさまなり」の連用形「いかさまに」に係助詞「も」が付いた「いかさまにも」の略。


[二]感動詞

いかにも。なるほど。▽相手の言葉に同意して答える。


出典土筆 狂言


「『これは芍薬(しやくやく)草にござる』『いかさま、芍薬と見えました』」


[訳] 「これは芍薬草です」「いかにも、芍薬と思われました」。


参考

現代語のいんちき・偽物の意の「いかさま」はいかにも本当らしく見せる「いかさまもの」の略で、近世中期以降の語である。








如何様のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

如何様のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




如何様のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS