古語:

存知の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぞん-ぢ 【存知】

名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

承知。心構え。


出典歎異抄 二


「しかるに、念仏よりほかに、往生の道をもぞんぢし」


[訳] ところで、(私は)念仏のほかに極楽往生の方法をも承知しており。


心得。


出典平家物語 五・富士川


「古(いにし)へ、朝敵を滅ぼさんとて都を出(い)づる将軍は三つのぞんぢあり」


[訳] 昔も朝廷に敵するものを討とうとして都を出発する将軍は三つの心得がある。◆「ぞんち」とも。









存知のページへのリンク
「存知」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

存知のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




存知のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS