古語:

宜こその意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うべ-こそ 【宜こそ】

分類連語


いかにももっとも。なるほど。


出典源氏物語 藤裏葉


「ものなどうち言ひたるけはひなど、うべこそはと、めざましう見たまふ」


[訳] (明石(あかし)の君が)何かものを言うときの物腰など、(源氏がこの方にひかれるのも)なるほどと、(紫の上は)目がさめる思いで見ていらっしゃる。◆「むべこそ」とも表記する。「うべ」を強めた言い方。


なりたち

副詞「うべ」+係助詞「こそ」








宜こそのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宜こそのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




宜こそのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS