古語:

実にの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

げ-に 【実に】

副詞

なるほど。いかにも。本当に。▽同調する意を表す。


出典土佐日記 一・一一


「いかでとく京へもがなと思ふ心あれば、この歌よしとにはあらねど、げにと思ひて人々忘れず」


[訳] なんとかして早く京に帰りたいと思う心があるので、この歌は上手だというのではないが、(歌の心情を)なるほどと思って人々は忘れない。


本当に、まあ。まことに、まあ。▽感動の意を表す。


出典源氏物語 若紫


「またゐたる大人、『げに』とうち泣きて」


[訳] もう一人(そこに)座っていた年配の女房が、「本当に、まあ」とふっと涙をこぼして。



まこと-に 【真に・実に・誠に】

[一]副詞

本当に。まったく。


出典竹取物語 燕の子安貝


「まことに燕(つばくらめ)巣つくれり」


[訳] 本当に燕(つばめ)が巣をつくった。


[二]感動詞

ああ、そうそう。▽ふと思い出したことを言うときの語。


出典大鏡 道長下


「羽うち広げて居て候ひしほどは、まことに、雪少し打ち散りて」


[訳] (たかが)羽を大きく広げてとまっておりましたときは、そうそう、雪が少しこぼれ散って。









実にのページへのリンク
「実に」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

実にのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




実にのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS