古語:

宮司の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぐう-じ 【宮司】

名詞

神職の一つ。神社の造営や収税などをつかさどった者。後にはひろく祭祀(さいし)や祈禱(きとう)に従事する者をいう。


伊勢神宮では、祭主に次ぐ大宮司、小宮司をいう。


東宮職(しき)、中宮職、皇太后宮職などの職員。



みや-づかさ 【宮司】

名詞

中宮職(ちゆうぐうしき)・東宮坊(とうぐうぼう)・斎宮(さいくう)・斎院などに仕える職員。


出典宇津保物語 菊の宴


「供、殿上人・みやづかさ」


[訳] お供の殿上人や宮廷の役人。


神官。神職。「ぐうじ」とも。


出典徒然草 六七


「老いたるみやづかさの過ぎしを呼びとどめて」


[訳] 年とった神官の通り過ぎたのを呼びとめて。









宮司のページへのリンク
「宮司」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宮司のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




宮司のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS