古語:

容体の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よう-だい 【容体・容態】

名詞

姿かたち。体つき。また、ようす。「ようたい」「ようてい」とも。


出典落窪物語 一


「ようだい・頭(かしら)つきをかしげにて」


[訳] 姿かたちや髪形が美しいようすで。



やう-だい 【様体・容体】

名詞

姿・形。かっこう。容姿。


出典蜻蛉日記 下


「頭(かしら)つきをかしげにて、やうだいいとあてはかなり」


[訳] 髪のようすも美しく容姿がたいそう上品である。


ありさま。状況。状態。


出典大鏡 師尹


「事のやうだいは、…世の常の東宮(とうぐう)のやうにもなく」


[訳] 物事の状況は、…ふつうの皇太子のようでもなく。


病気のようす。病状。◇「容態(ようだい)」とも書く。◆「やうたい」とも。









容体のページへのリンク
「容体」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

容体のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




容体のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS