古語:

対句の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

対句

分類文芸


修辞法の一つ。表現形式が同じあるいは類似し意味も対応している二つ以上の語句・文を並べ、均整美を出す表現技法。また、その語句・文。本来は漢詩文の技法で、和漢混交文に多い。たとえば、『方丈記』の冒頭の「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀(よど)みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし」〈流れゆく川のその流れは、いつも絶えることなく、それでいてなお、もとの水と同じ水が流れているのではない。流れのよどんでいるところに浮かんでいる水の泡は、一方では消え、一方ではできて、長い間同じ状態でいるということはない。〉では、第一文「ゆく河の…あらず」と第二文「淀みに…例なし」とが対句。









対句のページへのリンク
「対句」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

対句のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




対句のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS