古語:

封ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふう-・ず 【封ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


封をする。封じる。


出典霊異記 中


「怪しびて蔵にふうず」


[訳] (僧たちは)不思議に思って蔵に封をする。


(神仏の力や念力で)押さえ込む。封じ込める。


出典源氏物語 若菜下


「物の怪(け)に向かひて物語し給(たま)はむもかたはらいたければ、ふうじ込めて」


[訳] (源氏は)物の怪に向かってお話なさるのも、それも見苦しくきまりが悪いので、(物の怪を一室に)封じ込めて。


禁止する。



ふん-・ず 【封ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


封(ふう)をする。封じる。


出典枕草子 心もとなきもの


「文(ふみ)を得て、かたくふんじたる続飯(そくひ)などあくるほど」


[訳] (愛する人の)手紙をもらって、かたく封をしている糊(のり)を開けるときは、(とてもじれったい)。◆「ふうず」の変化した語。



ほう-・ず 【封ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


領地を与えて、そこの支配者に取り立てる。


出典平家物語 六・葵前


「男(なん)は侯(こう)にだもほうぜられず」


[訳] 男は諸侯にさえも取り立てられない。








封ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

封ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




封ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS