古語:

尊ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たっと・ぶ 【尊ぶ・貴ぶ】

[一]他動詞バ行上二段活用

「たふとぶ[一]」に同じ。◆「たふとぶ」の促音便。


[二]他動詞バ行四段活用

[一]


に同じ。



たふと・ぶ 【尊ぶ・貴ぶ】

[一]他動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


尊ぶ。尊重する。「たっとぶ」「たふとむ」とも。


出典新古今集 仮名序


「目を卑しみ、耳をたふとぶるあまり」


[訳] 目(に見える現在)を軽視し、耳(に聞く昔)を尊重するあまり。


[二]他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


[一]に同じ。「たっとぶ」「たふとむ」とも。


出典今昔物語集 一二・三一


「禅師(ぜんじ)をたふとぶが故(ゆゑ)に」


[訳] その法師を尊重しているので。



とうとぶ 【尊ぶ・貴ぶ】

⇒たふとぶ









尊ぶのページへのリンク
「尊ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

尊ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




尊ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS