古語:

尽くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ことごと-く 【尽く・悉く】

副詞

すべて。残らず。


出典方丈記 


「五穀ことごとくならず」


[訳] 農作物がすべて実らない。◆漢文訓読体の文章に多く見られる。



つ・く 【尽く】

自動詞カ行上二段活用

活用{き/き/く/くる/くれ/きよ}


消えてなくなる。果てる。尽きる。


出典徒然草 一三七


「大きなる器(うつはもの)に水を入れて、細き穴をあけたらんに、…やがてつきぬべし」


[訳] 大きな器に水を入れて、小さい穴をあけたとしたら、…間もなく(水は)消えてなくなるにちがいない。


極に達する。極まる。


出典源氏物語 紅葉賀


「今日の試楽(しがく)は、青海波(せいがいは)に事みなつきぬ」


[訳] 今日の試楽は、(源氏の)青海波(の舞)に極まったことだ。



-づ・く 【尽く】

接尾語四段活用

〔名詞および形容詞の語幹に付いて〕…を尽くす。…に任せきる。「運づく」「頼もしづく」









尽くのページへのリンク
「尽く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

尽くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




尽くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS