古語:

峰の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ね 【峰・嶺】

名詞

山の頂。みね。「富士のね」



み-ね 【峰・峯・嶺】

名詞

山のいただき。山頂。頂上。


出典拾遺集 雑秋


「小倉山みねのもみぢ葉(ば)心あらば今ひとたびのみゆき待たなむ」


[訳] ⇒をぐらやまみねのもみぢば…。


(ものの)高く盛り上がっているところ。


出典宇津保物語 俊蔭


「いたづらなる所は、…鼻のみねなりけり」


[訳] どうでもよい所は、…鼻の高く盛り上がっているところであった。


刃物の、刃の反対側。刀剣の背。「刀背(むね)」とも。◆「み」は接頭語。



お 【小・尾・苧・男・峰・麻・雄・緒】

⇒を









峰のページへのリンク
「峰」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

峰のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




峰のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS