古語:

希有なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け-う・なり 【希有なり・稀有なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


不思議だ。めったにない。


出典大鏡 時平


「物を繰り出(い)だすやうに言ひ続くる程ぞ、まことにけうなるや」


[訳] 糸か何かを順々に引き出すように次から次へと話し続けるようすは、本当に不思議であるよ。


とんでもないことだ。思いもかけない。


出典大鏡 道長上


「かく大臣・公卿(くぎやう)七、八人、二、三月のうちにかきはらひ給(たま)ふこと、けうなりし業(わざ)なり」


[訳] このように大臣や公卿が七、八人、二、三か月の間にみなお亡くなりになることは、思いもかけなかったことである。








希有なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

希有なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




希有なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS