古語:

平懐なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

へい-ぐゎい・なり 【平懐なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


無礼だ。無遠慮だ。


出典道成寺現在 浄瑠


「これまでへいぐゎいに申せし段、まっぴら御免」


[訳] これまで無礼に申し上げたこと、ひらにお許しください。


和歌・連歌(れんが)・俳諧(はいかい)で、発想や表現がありふれていて、つまらない。


出典六百番歌合 冬


「右の歌、『冬さむみ』こそへいぐゎいに侍(はべ)るめれ」


[訳] 右の歌は「冬さむみ」の表現がありふれてつまらないようでございます。◆「へいくゎいなり」とも。








平懐なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

平懐なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




平懐なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS