古語:

幽玄なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いう-げん・なり 【幽玄なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


優雅で深い味わいがある。奥深く神秘的だ。


出典愚管抄 四


「内裏(だいり)の御事はいうげんにて、やさやさとのみ思ひならへる人の言ふなるべし」


[訳] 宮中に関する事柄は優雅で深い味わいがあって、とても優美なものと思いこんでいる人の言うことであろう。


閑寂だ。


出典一言芳談 


「いうげんなる棲(すみか)にうそぶきたるばかりを持(も)て」


[訳] 閑寂な住まいに平然と暮らしているだけで。


深い余情が言外に漂っている。


出典御裳濯河歌 


「鴫(しぎ)立つ沢のと言へる、心いうげんに、姿及びがたし」


[訳] 鴫立つ沢のと詠んだ歌(⇒こころなき…。)は、内容に深い余情が言外に漂っており、表現も追いつくのがむずかしい。








幽玄なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

幽玄なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




幽玄なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS