古語:

序の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じょ 【序】

名詞

詩文や書物の本文の前書き。序文。


特に、和歌の前に置かれて、その成立の事情などを述べる文章。詞書(ことばがき)。


和歌の修辞法の一つ。序詞(じよことば)。


雅楽・能楽などで、一曲を構成する三つの部分(序・破・急)のうち、調子の緩やかな最初の部分。⇒序破急(じよはきゆう)


分類文芸



ついで 【序】

名詞

(物事の)順序。順番。


出典徒然草 一五五


「四季はなほ定まれるついであり」


[訳] 四季にはやはり決まった順番がある。


機会。場合。


出典徒然草 二三一


「客人(まれびと)の饗応(きやうおう)なども、ついでをかしきやうにとりなしたるも」


[訳] 客へのもてなしなども、ちょうどよい機会といったふうにとりはからっているのも。









序のページへのリンク
「序」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

序のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




序のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS