古語:

底の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そこ 【底】

名詞

ものの最下部。


地。地底。


奥底。極み。最も奥深いところ。


出典千載集 夏


「ほととぎすなほ初声を忍ぶ山夕ゐる雲のそこに鳴くなり」


[訳] ほととぎすがその初声をいまだに忍び音で、信夫山に夕方かかる雲の奥底で鳴いていることよ。


(心の)奥。心底。


出典源氏物語 若菜下


「心のそこゆかしき様(さま)して」


[訳] 心の奥が知りたいような(立派な)ようすをして。


底力。


出典源平盛衰記 三六


「鎌倉殿の賜(た)びたる薄墨にも、そこはまさりてこそあるらめ」


[訳] (義経の乗馬は)鎌倉殿の下さった薄墨(という馬)に比べても、底力はまさっているだろう。









底のページへのリンク
「底」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

底のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




底のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS