古語:

役の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やく 【役】

名詞

公用のために人民に課せられる労働。


出典宇治拾遺 四・一〇


「かやうのやくに催(もよほ)し給(たま)ふは、いかなる事ぞ」


[訳] このような公用のための労働を負わせなさるのは、どうしたことだろう。


役目。職務。


出典源氏物語 常夏


「似つかはしからぬやくななり」


[訳] 似つかはしくない役目であるようだ。


唯一の仕事。


出典更級日記 子忍びの森


「そこはかなき事思ひつづくるをやくにて」


[訳] とりとめのないことを思い続けることを唯一の仕事にして。









役のページへのリンク
「役」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

役のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




役のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS