古語:

彼奴の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ-やつ 【彼奴】

代名詞

あいつ。きゃつ。▽他称の人称代名詞。第三者をののしっていう語。


出典十訓抄 一


「あやつばら捕らへよ」


[訳] あいつらを捕まえろ。



か-やつ 【彼奴】

代名詞

あいつ。▽他称の人称代名詞。その場にいない者をののしっていう俗語。


出典枕草子 賀茂へまゐる道に


「ほととぎす、おれ、かやつよ」


[訳] ほととぎすよ、貴様、あいつめ。


語の歴史

「かやつ」は俗語として平安時代まで用いられたが、鎌倉時代以降は、音転して「きゃつ」となって現在に至る。⇒きゃつ



きゃつ 【彼奴】

代名詞

あいつ。▽他称の人称代名詞。第三者をののしっていう俗語。◆「かやつ(彼奴)」の変化した語。中世語。








彼奴のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

彼奴のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




彼奴のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS