古語:

後宮の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こう-きゅう 【後宮】

名詞

宮中で、皇后・中宮(ちゆうぐう)などの天皇の夫人が住み、女官が仕える殿舎。


転じて、皇后・中宮・女御(にようご)など、天皇の夫人の総称。


参考

天皇の住む殿舎の後方にある宮殿の意。平安京の内裏(だいり)では、天皇の住む「仁寿殿(じじゆうでん)」の後方にあった、「承香殿(じようきやうでん)」「常寧殿(じやうねいでん)」「貞観殿(ぢやうぐわんでん)」「弘徽殿(こきでん)」「登花殿(とうくわでん)」「麗景殿(れいけいでん)」「宣耀殿(せんえうでん)」の七殿と、「昭陽舎(せうやうしや)」「淑景舎(しげいさ)」「飛香舎(ひぎやうしや)」「凝華舎(ぎようくわしや)」「襲芳舎(しふはうしや)」の五舎のことで、合わせて後宮十二舎という。









後宮のページへのリンク
「後宮」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

後宮のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




後宮のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS