古語:

御前の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ご-ぜ 【御前】

[一]名詞

貴人の目の前。また、貴人。


[二]代名詞

あなた。▽対称の人称代名詞。女性に対していう。


出典義経記 七


「大津次郎、『や、ごぜ、ごぜ』と言ひけれども」


[訳] 大津次郎が「やあ、あなた、あなた」と声をかけたけれども。



ご-ぜん 【御前】

[一]名詞

高貴な人の前。おんまえ。「おまへ」とも。


出典源氏物語 末摘花


「夜に入(い)りてごぜんよりまかで給(たま)ふに」


[訳] 夜になって(天皇の)おんまえからご退出なさるが。


高貴な人を尊敬していう語。


出典枕草子 頭の中将の


「いかにかはすべからむ、ごぜんおはしまさば、御覧ぜさすべきを」


[訳] どうしたらよかろうか、中宮様がいらっしゃったら、お目にかけたいのだが。


奥方。▽江戸時代に大名・武家などの妻を尊敬していう語。


出典好色一代女 浮世・西鶴


「ある大名のごぜん死去の後、家中は若殿のなきことを悲しみ」


[訳] ある大名の奥方が亡くなってから、家中の者は(世継ぎの)若君がいないことを嘆いて。


「御前駆(ごぜんく)」の略。貴人が外出するとき、馬に乗って先導する人。お先払い。


出典源氏物語 賢木


「むつましきごぜん、十余人ばかり、御随身(みずいじん)ことごとしき姿ならで」


[訳] (源氏は)親しいお先払いの者を、十人あまりと、御随身も大げさな装いでなくて。


[二]代名詞

あなた。▽女性に対していう対称の人称代名詞。


出典宇治拾遺 一四・一一


「ごぜんたち、さは、いたく笑ひ給(たま)ひて、わび給ふなよ」


[訳] あなた方、それでは、ひどくお笑いになって、お苦しみになるなよ。



お-まへ 【御前】

[一]名詞

御前(ごぜん)。おそば。▽神仏・天皇・貴人のいる所の前の尊敬語。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「古今の草子をおまへに置かせたまひて」


[訳] (中宮は)『古今和歌集』の本をおん前にお置きなさって。


お方。ご主君。▽貴人を直接ささないように言う形。単独でも用いるが、多くは「…のおまへ」という形で用いる。


出典枕草子 関白殿、二月二十一日に


「宮のおまへのうち笑ませ給(たま)へる、いとをかし」


[訳] 中宮様がほほえんでいらっしゃるようすは、とても美しい。


[二]代名詞

あなた。あなたさま。▽対称の人称代名詞。尊敬の意を表す。


出典紫式部日記 消息文


「おまへは、かくおはすれば御幸ひは少なきなり」


[訳] あなたは、こんなふうでいらっしゃるから、幸せが少ないのである。


参考

自分と対等、もしくは下位の者に対して用いるようになるのは、近世後期以降である。



-ごぜ 【御前】

接尾語

女性を表す言葉に付いて、尊敬・親愛の気持ちを表す。まれに男性にも用いることもある。「尼(あま)ごぜ」



-ごぜん 【御前】

接尾語

…どの。…様。▽固有名詞や人を表す語に付いて、敬意を表す。「姫ごぜん」「父ごぜん」「兄ごぜん」



み-さき 【御先・御前】

名詞

(貴人の外出のときの)先払い。御前駆(ごぜんく)。


出典源氏物語 浮舟


「みさきも追はせ給(たま)はず」


[訳] 先払いもおさせにならず。


神の使者とされる動物。稲荷(いなり)のきつねなど。◆「み」は接頭語。









御前のページへのリンク
「御前」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御前のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御前のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS