古語:

御座候ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ござ-さうら・ふ 【御座候ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


いらっしゃいます。ございます。▽「有り」「居(を)り」の丁寧語。


出典芭蕉書簡 俳文


「心懸けもござさうらへども」


[訳] 心がけもございますけれども。


[二]補助動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


…(で)いらっしゃいます。…(で)ございます。▽補助動詞「有り」の丁寧語。


出典葵上 謡曲


「葵(あふひ)の上のおん物の怪(け)、もっての外(ほか)にござさうらふほどに」


[訳] 葵の上についた物の怪が、とんでもないものでございますので。


参考

尊敬語「御座有り」の「有り」を「候ふ」に替えて丁寧語化した語。後世では、主として候文(そうろうぶん)と呼ばれる書簡文に用いられた。








御座候ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御座候ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御座候ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS