古語:

御曹司の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おん-ざうし 【御曹司・御曹子】

名詞

若様。▽貴族や上流武家の、部屋住みの(=独立しない)男子の尊敬語。


源氏の若様。▽源氏嫡流の部屋住みの男子の尊敬語。平家の「公達(きんだち)」に対していう。


特に、源義経(よしつね)に対する尊敬語。


出典義経記 四


「おんざうしを大将軍にて上せ給(たま)ひけり」


[訳] 御曹司(=義経)を総司令官として京に上らせなさった。


参考

「曹司」は、宮中に設けられた、役人や女房のための部屋(=局(つぼね))のことで、『枕草子(まくらのそうし)』では「みざうし」と言いならわして、この部屋のことをさしている。



おんぞうし 【御曹司・御曹子】

⇒おんざうし









御曹司のページへのリンク
「御曹司」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御曹司のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御曹司のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS