古語:

念ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ねん-・ず 【念ず】

他動詞サ行変格活用

{語幹〈ねん〉}


心の中で祈る。心の中で願う。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「そなたに向きてなむねんじ暮らし給(たま)ひける」


[訳] そちら(=内裏(だいり)の方)を向いて心の中で祈って一日を過ごしなさった。


がまんする。じっとこらえる。


出典宇治拾遺 一・一二


「いま一声(ひとこゑ)呼ばれていらへんと、ねんじて寝たるほどに」


[訳] もう一度呼ばれたら返事をしようと、じっとこらえて寝ているうちに。








念ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

念ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




念ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS