古語:

恋の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こい 【恋】

⇒こひ



こひ 【恋】

名詞

慕う気持ち。


出典万葉集 二一四五


「秋萩(あきはぎ)のこひも尽きねば」


[訳] 秋萩を慕う気持ちもやまないので。


(異性に対する)愛情。恋。恋愛。


出典万葉集 一四一九


「呼ぶ子鳥いたくな鳴きそわがこひまさる」


[訳] 呼子鳥よひどくは鳴いてくれるな私の恋しさが増すから。


参考

対象が離れているため、なかなか思いがかなえられず、逢いたい、見たいなどと切実に心が引かれる気持ちを表し、悩み・苦しみ・悲しみなどの感情を伴うことが多い。









恋のページへのリンク
「恋」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

恋のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




恋のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS