古語:

悪しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ・し 【悪し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


悪い。


出典枕草子 ふと心おとりとかするものは


「いづれをよしあしと知るにかは」


[訳] どれがよい、どれが悪いと判断するのであろうか、いや、わかりはしない。


荒れ模様である。▽天候が悪い。


出典土佐日記 一二・二七


「今日、風雲のけしきはなはだあし」


[訳] 今日は空のようすがひどく荒れ模様である。


みすぼらしい。いやしい。


出典枕草子 わびしげに見ゆるもの


「下衆(げす)女のなりあしきが子負ひたる」


[訳] 身分の低い女で身なりのみすぼらしいのが子供を背負っているの(はわびしい感じがする)。


下手だ。


出典宇治拾遺 三・六


「年頃(ごろ)、不動尊の火炎をあしく書きけるなり」


[訳] 長年、不動尊の後背の炎を下手に書いてきたことだった。


まずい。▽味が悪い。


出典枕草子 思はむ子を


「精進(さうじ)物のいとあしきをうち食ひ」


[訳] 精進(しようじん)物でひどくまずいのを食べ。


具合が悪い。不都合である。


出典源氏物語 桐壺


「唐土(もろこし)にも、かかることの起こりにこそ、世も乱れ、あしかりけれと」


[訳] 中国でもこんなことが原因で、世の中が乱れて具合の悪いことになったのだと。



わる・し 【悪し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


「わろし」に同じ。◆「わろし」の変化した語。


出典枕草子 御かたがた、君たち


「『それは人に従ひてこそ』と申せば、『そがわるきぞかし』」


[訳] (清少納言が)「それは相手によりけりです」と申し上げると、(中宮は)「それ(=相手によって信念を曲げること)が、よくないのだよ」



わろ・し 【悪し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


よくない。好ましくない。感心できない。


出典枕草子 ふと心おとりとかするものは


「男も女も、ことばの文字いやしうつかひたるこそ、よろづのことよりまさりてわろけれ」


[訳] 男でも女でも、言葉遣いを下品につかったのは、どんなことにもまして好ましくない。


見栄えがしない。見劣りがする。みっともない。美しくない。


出典枕草子 春はあけぼの


「昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひをけ)の火も白き灰がちになりてわろし」


[訳] 昼になって、だんだん生暖かく、(寒さが)やわらいでいくと、丸火鉢の炭火も白い灰が目立つ状態になって、みっともない。


下手だ。つたない。上手でない。


出典宇治拾遺 三・六


「年ごろはわろく描きけるものかな」


[訳] 長年の間、(絵を)下手に描いていたものだなあ。


貧しい。


出典大和物語 一四八


「年ごろ渡らひなどもいとわろくなりて」


[訳] 数年来暮らし向きなどもたいそう貧しくなって。


参考

中古から中世にかけては「わろし」の対義語は「よろし」、「あし」の対義語は「よし」であるととらえてよい。


語の歴史

「あし」は奈良時代から用いられているが、「わろし」は平安時代に入ってから例が見いだされる。「わろし」から転じた「わるし」は、平安時代から並行して現れるが、やがて「あし」「わろし」の両者を吸収する形で現代語へと続いていく。









悪しのページへのリンク
「悪し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

悪しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




悪しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS