古語:

惚くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほう・く 【惚く】

自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


ぼける。ぼんやりする。


出典宇治拾遺 一四・一一


「いみじくほうけて物も覚えぬやうにてありければ」


[訳] すっかりぼけて、物もわからないようであったので。


一つのことに夢中になる。


出典宇治拾遺 一・一六


「博打(ばくうち)の打ちほうけてゐたるが見て」


[訳] 博打(ばくち)うちが博打に夢中になっているのを見て。



ほ・く 【惚く・呆く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


ぼんやりする。ぼける。「ほうく」とも。


出典源氏物語 常夏


「世にも、ほきたることと、そしり聞こゆ」


[訳] いかにも、ぼけたことと、非難申し上げる。


[二]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


[一]に同じ。「ほうく」とも。


出典源氏物語 竹河


「我よりも年の数積もり、ほけたる人のひがごとにや」


[訳] 私よりも年を取って、ぼけている女房たちの間違って言ったことであろうか。








惚くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

惚くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




惚くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS