古語:

慈円の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

慈円

⇒慈円(じゑん)



慈円

分類人名


(一一五五~一二二五)鎌倉時代の歌人。関白藤原忠通(ふじわらのただみち)の子。天台座主(ざす)。諡(おくりな)は慈鎮。歌人として名高く、後鳥羽上皇をはじめ藤原俊成(としなり)・定家(さだいえ)らと歌合わせなどで活躍した。表現力にすぐれ自由で流麗な歌風が特色。和歌集のほか、歴史書『愚管抄(ぐかんしよう)』がある。









慈円のページへのリンク
「慈円」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

慈円のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




慈円のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS