古語:

憂への意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うれへ 【憂へ・愁へ】

名詞

嘆き。


出典万葉集 一七五七


「草枕(くさまくら)(=枕詞(まくらことば))旅のうれへを慰さもる事もありやと」


[訳] 旅の嘆きを慰めることもあろうかと。


嘆願。訴え。


出典竹取物語 蓬莱の玉の枝


「かのうれへせし匠(たくみ)をば、かぐや姫呼びすゑて」


[訳] あの訴えをした職人を、かぐや姫が呼んで座らせて。


災い。心配事。


出典源氏物語 薄雲


「かかる老い法師の身にはたとひうれへ侍(はべ)りとも」


[訳] このような老法師の身にはかりに災いがございますとしても。









憂へのページへのリンク
「憂へ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

憂へのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




憂へのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS