古語:

憎むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にく・む 【憎む】

他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


憎らしがる。嫌う。いやがる。


出典源氏物語 帚木


「『異人(ことひと)の言はむやうに、心得ず仰せらる』とて、中将にくむ」


[訳] 「別の人が言うように、(私には)納得しがたくおっしゃる」といって、頭の中将は憎らしがる。


非難する。とがめる。反対する。


出典徒然草 一二


「『我は、さやは思ふ』など、争ひにくみ」


[訳] 「私はそのように思うか、いや思わない」などと言い争って非難し。


注意

(1)は、憎悪の程度が現代語より弱い。「憎む」では強すぎる。(2)の意味は現代語にはない。









憎むのページへのリンク
「憎む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

憎むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




憎むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS