古語:

成敗の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せい-ばい 【成敗】

名詞

―す自動詞・他動詞・サ変


執政。政治を行うこと。


出典平家物語 一・禿髪


「摂政・関白のごせいばいも、世にあまされたるいたづら者などの」


[訳] 摂政・関白(といった方)のご執政も、世間からはみだした無用者などの(聞き入れるところではない)。


計画。処置。


出典平家物語 一〇・千手前


「南都炎上のこと、故入道のせいばいにもあらず」


[訳] 南都奈良の火災炎上の事件は、故入道平清盛(たいらのきよもり)の計画ではない。


裁定。決裁。


出典沙石集 九


「宋(そう)朝の人、いみじきせいばいとぞ、あまねく褒めののしりける」


[訳] 宋の国の人は、すばらしい裁定だと、広く褒めそやした。


処罰。▽特に、死罪・斬罪(ざんざい)にすること。


出典入間川 狂言


「堪忍ならぬ。せいばいいたす」


[訳] 勘弁できない。処罰を行う。









成敗のページへのリンク
「成敗」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

成敗のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




成敗のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS