古語:

戯るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たは・る 【戯る・狂る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


みだらな行為をする。色恋におぼれる。


出典徒然草 三


「さりとて、ひたすらたはれたる方(かた)にはあらで」


[訳] そうはいっても、すっかり色恋におぼれているというのではなくて。


ふざける。たわむれる。


出典万葉集 一七三八


「容(かほ)よきによりてそ妹(いも)はたはれてありける」


[訳] 自分が美貌であるからと恋人はふざけているのだよ。


くだけた態度をとる。


出典源氏物語 藤裏葉


「公(おほやけ)ざまは、たはれてあざれたる方(かた)なりし」


[訳] 表向きには、くだけた態度をとって、儀式ばらない人であった。



たわる 【戯る・狂る】

⇒たはる



あざ・る 【戯る・狂る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


取り乱して動き回る。


出典万葉集 九〇四


「立ちあざりわれ乞(こ)ひ祈(の)めど」


[訳] 取り乱し動き回って私は請い祈ったが。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


ふざける。


出典土佐日記 一二・二二


「酔(ゑ)ひあきて、…あざれあへり」


[訳] ひどく酔っぱらって、…ふざけあっている。


儀式ばらない装いをする。くつろぐ。


出典源氏物語 紅葉賀


「あざれたる袿(うちき)姿にて」


[訳] くつろいだ袿姿で。


機転をきかす。しゃれた振る舞いをする。


出典枕草子 職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「あざれたり。御簾(みす)の前にて、人にを語り侍(はべ)らむ」


[訳] (歌は)しゃれている。御簾の前で、女房の方々に披露しましょう。



さ・る 【戯る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


たわむれる。はしゃぐ。


出典枕草子 かたはらいたきもの


「旅だちたるところにて、下衆(げす)どもされゐたる」


[訳] よそに泊まった先で、(お供の)下男たちがはしゃいでいるの。


才気がある。気が利く。


出典源氏物語 紅葉賀


「『入(い)りぬる磯(いそ)の』と口ずさみて、口おほひし給(たま)へるさま、いみじうされて、うつくし」


[訳] 「入りぬる磯の」と口ずさんで、(袖(そで)で)口もとをお隠しになられた(紫の上の)ようすは、たいへん気が利いて、かわいらしい。


色気がある。


出典源氏物語 少女


「年の程よりはされてやありけむ」


[訳] (惟光(これみつ)の娘は)年齢の割には色気があったのだろうか。


しゃれている。風情がある。趣がある。


出典源氏物語 浮舟


「されたる常磐木(ときはぎ)の影茂れり」


[訳] 風情がある常磐木の姿は枝葉が茂っている。◆後に「ざる」とも。



たわぶる 【戯る】

⇒たはぶる



そぼ・る 【戯る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


たわむれる。ふざける。


出典源氏物語 初音


「年の内の祝ひ言どもしてそぼれあへるに」


[訳] 一年の幸せを願う数々の祝い言を述べて、たわむれあっているところへ。


しゃれる。きどる。


出典源氏物語 胡蝶


「書きざま今めかしうそぼれたり」


[訳] (手紙の)書きようは現代的でしゃれている。



たはぶ・る 【戯る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


遊び興じる。


出典万葉集 九〇四


「立てれども居(を)れどもともにたはぶれ」


[訳] (わが子は)立っていても座っていても(親と)一緒に遊び興じ。


ふざける。冗談を言う。


出典徒然草 七五


「人にたはぶれ、物に争ひ」


[訳] 人にふざけて、物につけては争い。◆「たはむる」の古形。








戯るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

戯るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




戯るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS