古語:

打ち屈んずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 打ち屈んずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-くん・ず 【打ち屈んず】

自動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


「うちくっす」に同じ。


出典枕草子 能因本・職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「かかる者はうちくんじたるこそあはれなれ」


[訳] このような者(=乞食(こじき))はふさぎ込んでいるのこそがしみじみと同情を誘うものであるのに。◆「うち」は接頭語。








打ち屈んずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち屈んずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ち屈んずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS