古語:

打ち覆ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-おほ・ふ 【打ち覆ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


ちょっとかぶせて隠す。かぶせる。


出典更級日記 野辺の笹原


「児(ちご)の顔に当たりたるが、いとゆゆしく覚ゆれば、袖(そで)をうちおほひて」


[訳] (月の光がもれてきて)幼い子の寝顔にあたっているのが、とても不吉に思われるので、(その子の顔に)袖をちょっとかぶせて隠して。◆「うち」は接頭語。








打ち覆ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち覆ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ち覆ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS