古語:

招くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おく 【招く】

⇒をく



まね・く 【招く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


手招きをして呼び寄せる。


出典古今集 秋上


「秋の野の草の袂(たもと)か花すすき穂に出(い)でてまねく袖(そで)と見ゆらむ」


[訳] 秋の野の草のたもとなのだろうか、花すすきは。穂が出て人目について人を手招きする袖のように見える。


ひきおこす。まねく。


出典徒然草 三八


「害を買ひ、累(わづらひ)をまねく媒(なかだち)なり」


[訳] (財産は)害を受け、面倒をひきおこす媒介物である。



を・く 【招く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


招き寄せる。呼び寄せる。


出典万葉集 八一五


「正月(むつき)立ち春の来たらばかくしこそ梅ををきつつ楽しき終へめ」


[訳] 正月になって春が来たならばこのように梅の花を招き寄せては楽しいことの限りを尽くそう。









招くのページへのリンク
「招く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

招くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




招くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS