古語:

拝むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おろがむ 【拝む】

⇒をろがむ



をろが・む 【拝む】

自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


拝(おが)む。礼拝する。


出典日本書紀 推古


「畏(かしこ)みて仕へ奉(まつ)らむをろがみて仕へ奉らむ」


[訳] 慎んで(天皇に)お仕え申し上げよう。拝んでお仕え申し上げよう。◆「をが(拝)む」の古い形。上代語。



おがむ 【拝む】

⇒をがむ



をが・む 【拝む】

自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


(神仏に)礼拝する。おがむ。


出典源氏物語 夕顔


「『南無(なむ)当来導師』とぞをがむなる」


[訳] 「南無当来導師」と拝んでいるらしい。


拝顔する。お目にかかる。


出典伊勢物語 八三


「しひて御室(みむろ)にまうでてをがみ奉るに」


[訳] (雪の中を)無理に(出家した親王の)御庵室に参上して拝顔申し上げると。


嘆願する。懇願する。









拝むのページへのリンク
「拝む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

拝むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




拝むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS