古語:

損ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そこな・ふ 【損ふ・害ふ】

[一]他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


(物を)傷つける。こわす。損ずる。


出典枕草子 故殿の御服のころ


「床子(さうじ)どもを、みなうち倒し、そこなひたり」


[訳] 腰掛けなどを、みな倒して、こわしてしまった。


(人を)傷つける。殺傷する。


出典方丈記 


「身をそこなひ、かたはづける人、数も知らず」


[訳] 身体を傷つけ、不自由になった人は、数もわからない。


やつれさせる。衰えさせる。


出典徒然草 二


「民の愁(うれ)へ、国のそこなはるるをも知らず」


[訳] 国民の嘆き、国の衰えさせられてゆくのもさとらないで。


[二]補助動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


〔動詞の連用形に付いて〕(…するのに)失敗する。誤る。


出典源氏物語 若紫


「『書きそこなひつ』と、恥じて隠し給(たま)ふを」


[訳] 「書き誤った」と、恥ずかしがってお隠しになるのを。








損ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

損ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




損ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS