古語:

文の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もん 【文】

名詞

文(ぶん)。文章。多く、漢詩や漢文についていう。また、学問。


出典今昔物語集 一〇・二四


「我、もんを学せむと思ふといへども」


[訳] 自分は学問を学ぼうと思うといっても。


「経文(きやうもん)」「呪文(じゆもん)(=まじないに唱える文句)」の略。


出典太平記 二四


「口にもんを呪(じゆ)したるに」


[訳] 口に呪文をとなえたところ。



ふみ 【文・書】

名詞

書物。文書。漢籍。


出典枕草子 うつくしきもの


「男児(をのこご)の、声は幼げにてふみ読みたる、いとうつくし」


[訳] 男の子が、声はいかにも幼そうなようすで漢籍を読んでいるのは、とてもかわいらしい。


手紙。


出典金葉集 雑上


「大江山(おほえやま)いく野の道の遠ければまだふみもみず天(あま)の橋立(はしだて)」


[訳] ⇒おほえやま…。


学問。漢学。


出典徒然草 一


「ありたきことは、まことしきふみの道」


[訳] 身につけたいことは、正式な学問の道。


漢詩。


出典枕草子 木の花は


「唐土(もろこし)には限りなきものにて、ふみにも作る」


[訳] (梨(なし)の花は)中国ではこの上なくすばらしいものとして、漢詩にも作る。


参考

「文」はふつうの手紙以外に、恋文の意味でも使われる。恋文を意味する言葉に「懸想文(けさうぶみ)」があるが、恋文はふつう和歌の形式をとる。もらった歌に対する返事を「返し(歌)」という。



-もん 【文】

接尾語

銭貨の単位。一文は一貫の千分の一。


足袋の大きさの単位。底の長さで測り、一文は八分(ぶ)(=約二・四センチ)。▽一文銭の直径を基準とするところから。



ぶん 【文】

名詞

文章。詩文。また、書物。



もん 【紋・文】

名詞

模様。あや。


紋所。家紋。









文のページへのリンク
「文」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

文のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




文のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS