古語:

料の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

れう 【料】

名詞

入用の品。材料。費用。


出典源氏物語 少女


「童(わらは)・下仕(しもづか)へのれうなど、えならで奉れ給(たま)へり」


[訳] 子供や下僕の者の入用の衣服なども、何とも言えないすばらしさに仕立てて差し上げなさった。


目的。理由。ため。


出典竹取物語 燕の子安貝


「燕(つばくらめ)の持(も)たる子安(こやす)の貝を取らむれうなり」


[訳] 燕(つばめ)の持っている子安貝を取る目的である。



リョウ 【了・料・聊・寮】

⇒れう









料のページへのリンク
「料」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

料のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




料のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS