古語:

料簡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

れう-けん 【料簡・了簡】

名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

よく考えること。よく考えて判断すること。思慮。分別。方策。


出典徒然草 二一九


「れうけんの至り、まことに興あり」


[訳] 実によく考えたもので、本当に面白い。


分別してこらえること。我慢。堪忍。こらえて許すこと。勘弁。


出典鎌腹 狂言


「身どもさへれうけんすれば、死ぬるには及ばぬことぢゃ」


[訳] 拙者さえ我慢すれば、死ぬ必要はないことだ。








料簡のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

料簡のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




料簡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS